ここから本文です

[移籍]サラゴサ、15歳でプロデビューを果たしたU-19ルーマニア代表DFをインテルから獲得

theWORLD(ザ・ワールド) 7月25日(月)11時45分配信

才能を開花させられるか

スペイン2部のレアル・サラゴサは21日、インテルからU-19ルーマニア代表DFラズバン・ポパを獲得したことを発表した。契約期間は3年となっている。

現在19歳のポパは、ルーマニアのスポルトゥル・ストゥデンツェスクの下部組織出身。2011-12シーズンにトップチームへ昇格し、15歳と2ヶ月でプロデビューを果たしている。すると、そのルーマニアの若き才能に目をつけたインテルが2013年に獲得し、同クラブの下部組織でプレイ。しかし、トップチームでの出場機会がないまま移籍することとなってしまった。

そんなポパは移籍発表の記者会見で「サラゴサは歴史と伝統のあり、すばらしいクラブなのはよく知っている。彼らの1部昇格に貢献したいね。僕のプレイスタイルややり方はピッチで披露するよ」と意気込みを語った。

ポパは才能を開花させ、サラゴサを1部昇格へ導くことができるのだろうか。まだ若い彼には実戦経験を通して、いろんなことを学んでもらいたい。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:7月25日(月)11時45分

theWORLD(ザ・ワールド)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。