ここから本文です

チェルシーへ加入2戦目で2ゴールのバチュアイ「デビュー戦でチャンスを逃していたからうれしかった」

theWORLD(ザ・ワールド) 7月25日(月)12時31分配信

チェルシーは最高!

今夏、マルセイユからチェルシーへ移籍したベルギー代表FWミヒー・バチュアイ。クラブや移籍後に出場した2試合のプレシーズンマッチについて彼が触れた。

クラブの公式サイトによると、まずバチュアイはクラブについて「チェルシーは最高だね。チームには家族みたいな雰囲気があるんだ。チームメイトやスタッフも親切な人ばかりさ。フランス語が通じなくても歓迎してくれたよ。監督ともいい関係を築けているんじゃないかな。22歳でこんなに偉大な監督の指導を受けられるなんて、本当にラッキーだよ。戦術的なトレーニングやフィジカルトレーニングはレベルが高いし、これまでとは次元が違うんだ。僕のサッカー人生の常識は通用しない。常に全力を出すことを求められているよ」と話した。

さらに彼は、デビュー戦と2ゴールを決めたオーストリアの地元クラブとの試合について「とっても幸せだったよ。チェルシーのユニフォームを着て、初めてピッチに立った瞬間は忘れられないんじゃないかな。監督には練習でやってきたことを試合で見せてくれと言われていたけど、うまくできたと思うよ。デビュー戦でいくつかのチャンスを逃していたから、2戦目のゴールは本当にうれしかった。チームへ合流してから、まだあまり時間が経っていないから少し疲れはあるけど、順調に来ているよ」述べた。

はたして、バチュアイはチェルシーで結果を残すことができるのだろうか。ベルギー代表で共にするエデン・アザールやティボー・クルトワらとチェルシーを復活させてもらいたい。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:7月25日(月)12時31分

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報