ここから本文です

[移籍]セルティック、リヴァプールからコロ・トゥレ獲得 ロジャース監督と再会へ

theWORLD(ザ・ワールド) 7月25日(月)15時0分配信

背番号は2

セルティックがリヴァプールからコートジボワール代表DFコロ・トゥレを1年契約で獲得したことが明らかとなった。クラブの公式サイトが発表している。

35歳のトゥレはアーセナル、マンチェスター・シティ、リヴァプールとプレミアリーグの強豪クラブを転々とし、2つのリーグタイトルと3度のFAカップ制覇を成し遂げている。セルティックを率いるブレンダン・ロジャース監督はリヴァプール時代に指導しており、同選手との再会を喜んでいるようだ。

「チームに経験を加え、最終ラインを助けるためコロをリヴァプールから獲得した。彼は昨季大きなインパクトを与え、ユルゲン・クロップのもとで重要な選手になっていた。EL決勝でもプレイしたしね。私がいたときも、彼はビッグゲームで力を発揮した。彼は自分自身を律しているし、プロフェッショナルだ。経験もある。若い選手が多いチームの中で、スコット・ブラウンのように彼は手助けしてくれると思う。しかし周りからの助けやサポートも必要だ。そうすればコロは我々のためによくやってくれるはずだ」

信頼を示したロジャース監督。また、トゥレはセルティックで2番を背負うことになると発表されている。35歳のベテランDFはチームの中心として多くの試合に出場することになるだろう。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:7月25日(月)15時0分

theWORLD(ザ・ワールド)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。