ここから本文です

新天地に満足するアンチェロッティ監督「素晴らしいクラブを見つけることができた」

theWORLD(ザ・ワールド) 7月25日(月)17時0分配信

“遺産”を利用か

バイエルンのカルロ・アンチェロッティ監督はまだ就任してから日が浅いが、新天地に満足しているようだ。

ジョゼップ・グアルディオラが去ったあとのチームを率いるという難しい仕事を任されているアンチェロッティ。それでも同監督は仕事のしやすさを米『ESPN』で語っている。

「素晴らしいクラブを見つけることができた。よく組織されていて、街も美しい。良い選手たちも揃っている。すべては万全だよ。全ポジションの競争が激しい。それはとてもうれしいことだし、良いシーズンになるはずだよ。」

続けて「改革は起こしたくない。チームはここ3年グアルディオラのもとで、成功していたからだ。バイエルンは強いクラブで、選手たちは攻撃する方法や点を取るアイデアが浮かんでいる」と話した。

チームに大きな変化は与えず、熟成させ強化するのが得意なアンチェロッティ。グアルディオラが残した大きな“遺産”があるだけに、新監督にとっていくらか仕事はたやすいものとなっているのかもしれない。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:7月25日(月)17時0分

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。