ここから本文です

日本代表MF細貝、ブンデスリーガ2部への移籍が近づく 恩師が再会を熱望か

theWORLD(ザ・ワールド) 7月25日(月)19時20分配信

合意間近

日本代表MF細貝萌にブンデスリーガ2部のシュツットガルトが興味を示しているようだ。

ヘルタ・ベルリンで居場所を失っていた同選手は昨季トルコのブルサスポルへレンタル移籍。新シーズンもヘルタ・ベルリンで役割を与えられないとみられており、移籍を模索している最中だ。そこにアウクスブルク時代、ヘルタ・ベルリン時代の恩師でもある現シュツットガルト指揮官のヨス・ルフカイ監督が興味を示し、移籍の話が持ち上がっている。

日本語版『Kicker』によれば、すでにシュツットガルト首脳陣とは合意に至っており、クラブ間での交渉も大詰めだという。移籍金は70万ユーロほどになると伝えられている。

過去にブンデスリーガ2部リーグでの戦いを経験している30歳の細貝。それだけにルフカイ監督も貴重な戦力として獲得を熱望していることだろう。多くの試合に出場し、日本代表にも復帰してほしいところだ。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:7月25日(月)19時20分

theWORLD(ザ・ワールド)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。