ここから本文です

大阪天神祭、パワフルなギャル御輿

Lmaga.jp 7/25(月) 14:00配信

べっぴんギャルたちが「天神橋筋商店街」(大阪市北区)をエネルギッシュに練り歩く「天神祭女性御神輿」、通称「ギャル神輿」が7月23日に開催。迫力ある神輿パフォーマンスで観客たちを大いに盛り上げた。

2年連続でミス天神橋の豊田百佳さん

大阪三大祭りとなる天神祭の前日に開催されるギャル神輿は、200kgもある神輿2基が担がれる。担ぎ手は約200人からオーディションで選抜された15歳から31歳のギャルたち80人。本番前からオリエンテーション、PRイベントなどをこなしてきたギャルたちにとって、待ちに待った本番はもっともテンションの上がる日だ。

この日、一際注目を集めたのは第34回、第35回と2年連続でミス天神橋となり、ギャル神輿への参加が3年目となる豊田百佳さん(20)。ギャル神輿への参加は3年が最長で今年は最後の年になる。「大好きなギャル神輿の楽しさを新たに参加した人たちにも知ってもらって、次世代に引き継いでもらいたい」と豊田さん。大阪締めや一日駅長の任命式では、「すごくさびしい」と感極まって涙するシーンもあった。

大勢の観客とともに巡行し、最大の見どころとなる「大阪天満宮」での神輿フォーマンスでは出迎えた、たくさんの観客を魅了。参加ギャルたちにとっても青春や思い出の1ページとなるギャル神輿。天神祭本番となる24日と25日も、男神輿とともに神輿を担いで祭りを盛り上げる予定だ(天神橋筋商店街の4丁目、5丁目、6丁目の3町会での神輿担ぎ)。

取材・文・写真/岡田由佳子

最終更新:7/25(月) 14:00

Lmaga.jp

なぜ今? 首相主導の働き方改革