ここから本文です

高校野球の名将を特集、甲子園歴史館で

Lmaga.jp 7月25日(月)19時0分配信

各地で熱戦が繰り広げられている高校野球。8月7日には、地方予選を勝ち抜いた球児たちが集う『第98回全国高等学校野球選手権大会』も開幕。それに先駆けて、7 月26日から「甲子園歴史館」(西宮市甲子園町)で『夏の高校野球特別展2016~高校野球名将特集~』が開催される。

言わずと知れた甲子園の超名門・智辯和歌山高校を率い、甲子園最多勝利数(春夏通算63勝)を誇る高嶋仁監督をはじめ、清原・桑田のKKコンビのほか、立浪和義、松井稼頭央、福留孝介らを育て上げたPL学園高校の中村順司元監督、その采配は「木内マジック」と言われ、高校野球マニアを唸らせる常総学院の木内幸男元監督、松井秀喜(星陵)を全打席敬遠させた采配は社会問題にもなった明徳義塾高校の馬淵史郎監督、などなど。高校野球ファンなら、誰もが知る名将ばかりを取り上げた特集となっている。

写真や展示品とともに監督のエピソードを振り返るほか、池田高校の蔦文也元監督のお孫さんである蔦哲一郎さんの協力のもと、 同監督の特別展示コーナーを設け、当時使用していたバットやスパイクなども展示。さらには、8月7日に開幕する夏の甲子園出場校の紹介なども。期間は9月4日まで。料金は「甲子園歴史館」入館料のみ(大人600円、子ども4歳~中学生300円)。

最終更新:7月25日(月)19時0分

Lmaga.jp