ここから本文です

ホンダ「バトンのパワーユニットに問題は一切なし」/ハンガリー日曜

オートスポーツweb 7月25日(月)5時56分配信

 2016年F1ハンガリーGP決勝で、マクラーレン・ホンダのフェルナンド・アロンソは7位、ジェンソン・バトンはリタイアに終わった。

2016年第11戦ハンガリーGP フェルナンド・アロンソ(マクラーレン・ホンダ)

 
■マクラーレン・ホンダ・フォーミュラ1チーム
ホンダF1プロジェクト総責任者 長谷川祐介
 中団をリードすることができ、チームにとってポジティブな週末でした。私たちは一貫して4番目の速さを持つチームであり、フェルナンドはすべてのセッションで7位を獲得、“第2集団のトップ”の位置でフィニッシュしました。このことでチームとしての進歩が改めて証明されましたし、シーズン後半に向けて自信を深める助けにもなります。 
 
 一方でジェンソンは、ブレーキシステムのセンサーの問題に見舞われ、レース序盤に最後尾に落ちてしまいました。その後、最終的にオイル漏れのため、チームは彼をリタイアさせることに決めました。現段階ではパワーユニットには一切問題は確認されていませんが、チームは調査を続けていきます。
 
 今回も、ガレージの片側は喜びに沸き、もう片方は失望に沈む、悲喜こもごもの週末となりました。

[オートスポーツweb ]

最終更新:7月25日(月)7時6分

オートスポーツweb