ここから本文です

フェルスタッペン「キミがペナルティを望んでるって? そんなおかしな話ないよ」:レッドブル ハンガリー日曜

オートスポーツweb 7月25日(月)8時51分配信

 2016年F1ハンガリーGP決勝で、レッドブル・レーシングのマックス・フェルスタッペンは5位だった。

2016年第11戦ハンガリーGP キミ・ライコネンとマックス・フェルスタッペンのバトル

 
■レッドブル・レーシング
マックス・フェルスタッペン 決勝=5位
 今日は表彰台を獲得できるだけの速さがあったんだけどね。
 
 いいスタートを切ってターン1の入口でルイス(・ハミルトン)に接近できたと思ったら、行き場を失ってブレーキングを遅らせることができなかった。
 
 最初のピットストップの後は、タイヤがフレッシュな状態の時にフェラーリに引っ掛かってしまい、すごくいらいらした。序盤は速さがあったのに、フェラーリに対するギャップを築こうとして、前のクルマに近づきすぎたから引かなければならなかった。そしたらピットストップを終えてコースに復帰すると、フェラーリ2台の後ろになってしまったんだ。その時点で僕のレースは終わったも同然だ。
 
 ずっと他のマシンの後ろを走り、オーバーテイクの可能性を探ることで、タイヤが傷み、レースが進行するにつれてチャンスが遠ざかっていった。
 
 キミ(・ライコネン)とのバトルについてだけど、僕は単純に自分のポジションを守っていただけだ。懸命にプッシュしつつ、ロックアップしたりミスをしないように心掛けた。
 
(ライコネンがフェルスタッペンの走りは規則に反すると主張していることについて)ドライバーはいつだって言い訳を探すものだ。僕は常に(規則で許されている)1回しかラインを変えなかった。だから何の問題もない。
 
(Formula1.comに対して語り)1回しかラインを変えていないのにペナルティを受けるなんて、それはおかしすぎるよね。

 彼が来るのが見えたけど、すごく楽観的な動きでイン側に飛び込んできた。彼はロックアップして僕のリヤにヒットした。あり得ることだよ。

[オートスポーツweb ]

最終更新:7月25日(月)8時52分

オートスポーツweb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]