ここから本文です

リカルド「勝てると思ってアグレッシブにいったが、甘かった!」:レッドブル ハンガリー日曜

オートスポーツweb 7月25日(月)10時36分配信

 2016年F1ハンガリーGP決勝で、レッドブル・レーシングのダニエル・リカルドは3位だった。

2016年第11戦ハンガリーGP 表彰台で笑顔のダニエル・リカルド(レッドブル)

 
■レッドブル・レーシング
ダニエル・リカルド 決勝=3位
 今日表彰台に上れてすごくうれしい。結局のところ優勝するのは無理だったからね。
 
 スタートでチャレンジしてみた。蹴り出しがすごくよくて、エイペックスではメルセデス2台が僕の視界に入っていなかったので、トップに立ったと思った。でもコーナー出口でルイス(・ハミルトン)にかわされ、ターン2ではニコ(・ロズベルグ)にアウト側から抜かれた。
 
 でもあの時トップに立っていたとしても、彼らのペースはよかったから、僕らより1周長くステイアウトしてオーバーカットできたと思う。だから今日は3位が最大限の結果だった。
 
 最後の3周、セブ(ベッテル)がかなり後ろから接近してきた。僕のタイヤは終わりに近づいていたから、3位でチェッカーを受けることができてよかった。
 
 ここで3年連続表彰台に上ったというのもすごいことだよね。僕と相性がいいんだろう。すごくうれしい。
 
 今シーズンは、金曜と土曜はすごくうまくいっているけれど、ここ数戦の日曜はどういうわけか満足いく結果を出せずにいた。だから今週末、金曜から日曜までうまくまとめることができたのは重要なことだ。やれると信じていた。 
 
 1週間後に次のレースがあるから、またハッピーになるチャンスがあるということだよ。

 
 最初はメルセデスに対抗できる競争力があると思っていた。でもファーストスティントが終わるころには、彼らのペースが上がってきていた。
 
 ソフトを履いたセカンドスティントの初めは戦えそうだと思ったけれど、結局メルセデス勢は淡々とやるべきことをこなし、次第に強さを見せてきた。
 
(早めのピットストップについて説明し)その時点ではメルセデスと戦えそうだと思っていた。彼らは苦しんでいるのだろうと思い、アグレッシブなやり方で彼らに近づこうとしたんだ。その時点では、ポジションを守るというよりも優勝を狙っていた。でも僕らがピットに入ると、彼らは簡単にボリュームを上げたわけだ。残念なことにね。
 
 今年、また表彰台に上がれてうれしい。前回(手中に収めかけた勝利を失って2位になったモナコ)は複雑な気持ちだったけれど、今日は心から楽しんでいるし、笑顔も戻ったよ。スーパーハッピーだ!

[オートスポーツweb ]

最終更新:7月25日(月)10時38分

オートスポーツweb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]