ここから本文です

グティエレス、ハミルトンの“失礼な態度”に憤慨。ハミルトン「したかったけど、やってない」:ハースF1 ハンガリー日曜

オートスポーツweb 7月25日(月)12時4分配信

 2016年F1ハンガリーGP決勝で、ハースF1のロマン・グロージャンは14位、エステバン・グティエレスは13位だった。

F1ハンガリーGP 最新フォトコーナー

 
■ハースF1チーム
ロマン・グロージャン 決勝=14位
 ひどいレースだった。何ひとつうまくいかなかったんだ。戦略もマシンもきちんと機能しなかった。バランスを見つけようとしたけれど、見つからなかった。今日の決勝から学ぶことは山ほどあると思うが、結果自体は残念だ。もっといいパフォーマンスを発揮できると思っていた。昨日の予選からしてポイントを取れると期待していたのに。
 
エステバン・グティエレス 決勝=13位
 興味深いレースだった。最初からすごいバトルをしたんだ。スタートをしっかり決めて、最初の2周、ポジション争いをして、順位を上げた。その後はすべてのスティントで限界までプッシュした。 
 
 前とも後ろとも戦ったから、タイヤをセーブすることができなかった。終盤タイヤがだめになってきて、ブレーキにも問題を感じるようになった。そのため完走まで持っていくのが大変だった。
 
 でもチームはすべてをコントロールして、いい仕事をしてくれた。今週末の彼らのハードワークに感謝したい。ピットストップ作業も素晴らしかった。
 次はドイツ。この調子で進歩し続け、マシンの力を目いっぱい引き出したい。
 
(ルイス・ハミルトンがグティエレスにしばらく引っ掛かった後、周回遅れにする際に中指を立てていたと聞いて)相手への敬意が感じられる態度ではないね。話したことがあるし、彼は相手に敬意を示す人だと思うけど。でもそういうことをすべきじゃない。ドライバー全員を尊敬しなければならない。僕もいつか彼とタイトルを争うようになるかもしれないのだし、尊重するべきだ。 
 
(ブルーフラッグ無視で5秒のタイムペナルティを科されたことについて)ブルーフラッグ無視なんてしてないよ! 僕は自分のレースに集中していたけど、ブルーフラッグに気づいていたし、彼らがあっという間に後ろから迫ってきたから、前に出す一番安全な場所を探していた。ペナルティについては何も言うつもりはない。

ハミルトンは“失礼な態度”を否定
 
 ハミルトンは、指を立てたわけではなく、苛立ちを示すために手を振っただけだと主張、「彼の後ろでかなり時間を失った。ニコ(ロズベルグ)が追いついてきていたから、かなりまずい状況だった。たぶん(中指を立てるという行動を)したかったけど、実際はしていない」と語った。

[オートスポーツweb ]

最終更新:7月25日(月)12時50分

オートスポーツweb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]