ここから本文です

ケイティがシンガーとして再始動!メッセージ性を重視した「ライズ」に込めた想いとは?(Song Review)

Billboard Japan 7月25日(月)11時10分配信

 ファンにとっては待ちに待った、ケイティ・ペリーの新曲「ライズ」が、7月14日にサプライズ・リリースされた。この曲は、米TV局NBCのオリンピックのプロモーション曲であり、アメリカ国内では今年のリオ五輪の“テーマソング”として起用され、「世界中がひとつになるとき」と、オリンピックの趣旨と、荒んだ世界情勢を訴える歌詞が話題をよんでいる。

 ケイティがシングルをリリースするのは、2014年夏にリリースした、「ディス・イズ・ハウ・ウィ・ ドゥ」以来、実に2年ぶり。アルバムは、2013年の『プリズム』からおよそ3年リリースがなく、コスメやブランドのプロモーションなどは行っていたが、シンガーとしての活動は久々で、ファンの喜びもひとしおだ。

 プロデューサーは、ケイティのヒット曲でもおなじみのマックス・マーティンが担当、アリアナ・グランデの「プロブレム」や、ザ・ウィークエンドの「キャント・フィール・マイ・フェイス」などの大ヒット曲を手掛けた、サヴァン・コテチャもクレジットされている。

 「キス・ア・ガール」(2008年)、「カリフォルニア・ガールズ」(2010年)、「ロアー」(2013年)と、華やかなポップ・チューンをアルバムの先行シングルとしてリリースしてきたケイティだが、新曲「ライズ」は、メッセージ性を重視したタイトルということもあり、サウンド自体はやや、重たい印象を受けるリスナーもいるかもしれない。しかし、「強さと恐れを知らない態度でリオに集まるため」と歌う歌詞のイメージそのままの楽曲に仕上がっている。

 この曲が収録される、ニュー・アルバムの発売日は未定だが、2016年中にリリースされることは間違いないだろう。いよいよ、ケイティ・ペリーがシンガーとして再始動する。ビデオの完成も楽しみだ。

◎「Rise」 (NBC Olympics video)
https://youtu.be/lFIIMEe2Ht0

最終更新:7月25日(月)11時10分

Billboard Japan

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。