ここから本文です

「孤独の中に安らぎを見つける」マーチャンダイズが待望の新作を2016年9月にリリース

Billboard Japan 7月25日(月)11時10分配信

 NME、ピッチフォークなど海外メディアが絶賛する米フロリダ州のタンパ出身3人組バンド、マーチャンダイズが最新作『ア・コープス・ワイアード・フォー・サウンド』を2016年9月23日にリリースする。

 数々のレーベルからアルバム、EPなどの作品を発表し、インディー・シーンで人気を得ると、2012年に発表した2作目『チルドレン・オブ・デザイア』が、NME、ピッチフォーク、スピンなどの音楽メディアに高く評価され注目を浴びる。翌年、2013年には3作目『トータル・ナイト』を発表。そして、2014年8月には、ディアハンター、ザ・ナショナル、ドータが所属する英老舗レーベル<4AD>と契約し、『アフター・ジ・エンド』をリリース。NMEで9/10点を獲得するなど世界的にブレイクを果たす。

 最新作となる『ア・コープス・ワイアード・フォー・サウンド』は、5人組から中心メンバー3人へと戻り、イタリアのロザにてレコーディングセッションを敢行し制作をされた。アルバムのタイトルはJ・G・バラードのSF短編小説にインスパイアされたもの。

 今作について、フロントマンのカーソン・コックスは「成長するってことは、いつまでも友達や恋人と一緒にはいられない。孤独の中に安らぎを見つけることについてのアルバムなんだよ。」と語っている。

 現在、カーソンが自ら手掛けた、アルバム収録曲「End Of The Week」のミュージック・ビデオも公開されている。

◎「End Of The Week」MV
https://youtu.be/-3bQ5wmgqds

◎『ア・コープス・ワイアード・フォー・サウンド』トラックリスト
1. Flower Of Sex
2. Crystal Cage
3. Right Back To The Start
4. End Of The Week
5. Lonesome Sound
6. Shadow Of The Truth
7. Silence
8. I Will Not Sleep Here
9. My Dream Is Yours

◎リリース情報
『ア・コープス・ワイアード・フォー・サウンド』
マーチャンダイズ
2016/9/23 RELEASE
※日本盤詳細は後日発表

最終更新:7月25日(月)11時10分

Billboard Japan

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。