ここから本文です

活動休止中のワン・ダイレクション、6周年を祝しファンに感謝

Billboard Japan 7月25日(月)18時20分配信

 ワン・ダイレクションの6周年を祝うハッシュタグ“#6yearsof1D”が7月23日にツイッター上でトレンドとなり、2010年の英オーディション番組『Xファクター』での結成から応援してくれているファンに対し、メンバー達が感謝の意を表した。

 ワン・ダイレクションの公式ツイッター・アカウントにビデオを投稿したルイ・トムリンソンは、「みんなが本当に素晴らしいから、お礼を言うためにちょっとしたメッセージを撮りたくてね。みんなの絶え間ないサポートは本当に凄いもので、君たちひとりひとりが僕たちの人生を変えたんだ。みんなも僕らと同じように誇りに思ってほしいな」と語っている。

 また、3か月ぶりにツイッターを更新したハリー・スタイルズは、自身のアカウントにて、「6年。みんなのサポートにどう感謝の言葉を伝えたら良いのかわからないよ。君たちの全て、そして君たちがこれまでしてくれたこと全てに、どうもありがとう」と綴っている。

 一方、ナイル・ホーランも揺るぎないサポーターである“ダイレクショナー”に向けて2つのツイートをしており、「6年だよ。わぉ! ルイがメッセージで触れているように、みんなひとりひとりが僕らの人生を変えた一端を担っているのさ」、「わかってると思うけど、みんなは世界一のファンだよ……これまでの全てに心からありがとう」と綴っている。

 トムリンソン、スタイルズ、ホーラン、そしてリアム・ペインの4人編成によるワン・ダイレクションは現在、一時的に活動を休止している。スタイルズとペインは先日、ソロでのレコード契約を発表しているほか、元メンバーだったゼイン・マリクは3月にソロ・デビュー・アルバム『マインド・オブ・マイン』をリリースしている。



◎ワン・ダイレクション公式ツイッター・アカウント
https://twitter.com/onedirection

最終更新:7月25日(月)18時20分

Billboard Japan

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。