ここから本文です

復活ジョー・ペリー、元気にロックする姿がさっそくYouTubeに

Billboard Japan 7月25日(月)18時20分配信

 ジョー・ペリーがハリウッド・ヴァンパイアーズのツアーに無事に復帰し、元気にロックする姿を披露した。さっそくYouTube上の映像で確認できる。ペリーは7月10日、同バンドのブルックリン公演のステージ最中に倒れて入院し、エアロスミスのバンドメイト、スティーヴン・タイラーもかなり心配していた。

 ハリウッド・ヴァンパイアーズのツイッターにて、数公演でステージを離れていたペリーの復帰を発表していたが、同発表どおり、22日のカリフォルニア州ロナート・パーク公演から無事に復帰している。

 タイラーは米ビルボードに対し、「俺と同じように自身のアートに情熱を持ったヤツは彼ぐらいなものさ。いつも俺に3、4公演ぶっ続けでやろうって言ってくるんだ、俺は出来ないけどね。声が出なくなるよ。俺は自分のキャリア、健康、そしてジョーの情熱をどうやって維持していくか分かってるんだ。それを彼も分かっているとは思えない。俺が思うに、誰かがオーバーブッキングして彼はそれをやっているんだろう。8、9公演連続とか、5公演を連続でやったりしているからね。彼らみんな焼け焦げてしまうんじゃないかな。注意する必要があると思う。決して若くはないしね、だろ?」と話していた。

 ハリウッド・ヴァンパイアーズが現在行っているツアーでプレイを続ける予定のペリー。その後は2か月のオフをとり、再びエアロスミスで南アメリカおよびメキシコでツアーを行う。

 ジョー・ペリーがステージ復帰した10日のハリウッド・ヴァンパイアーズのコンサートにて、ザ・ビートルズの「カム・トゥゲザー」をプレイする様子が現在、YouTubeで視聴できる。もちろん、アリス・クーパーとジョニー・デップも一緒だ。



◎Hollywood Vampires- Green Music Center, Rohnert Park 7/22/16 (5th row)
https://www.youtube.com/watch?v=o2eWA6LIv2s

最終更新:7月25日(月)18時20分

Billboard Japan

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。