ここから本文です

大人気ゲーム『モンスターストライク』アニメ映画化決定

クランクイン! 7/25(月) 8:30配信

 現在までに3500万人利用者数を突破しているモンスター級の大人気ゲームアプリ『モンスターストライク』(通称:モンスト)がYotubeオリジナルアニメを経て、長編アニメ映画『モンスターストライク THE MOVIE』として12月10日より全国公開されることが決定した。

【関連】『モンスターストライク』アニメ制作発表会<フォトギャラリー>


 2013年にリリースされたゲームアプリ、ひっぱりハンティングRPG「モンスト」は、その腕を競い合うイベントを開催すれば、日本全国から参加者が押し寄せる大人気コンテンツ。アプリ×アニメという連携で新しい体験をユーザーに届けるために、2015年10月よりアニメ「モンスターストライク」のYouTubeオリジナルアニメの配信もスタートした。

 そして新たな展開として長編アニメ映画化が決定。プロデューサーを務めるのは、人気TVアニメ『翠星のガルガンティア』の平澤直、ストーリー構成は『宇宙兄弟』の加藤陽一。また脚本は『ハイキュー!!』『僕だけがいない街』の岸本卓氏を迎え、アニメ『ガンスリンガーストラトス』の江崎慎平が監督として就任。豪華な制作陣が出そろっている。

 江崎監督は「大人のお客さんにはかつての素敵な気持ちを思い起こしてもらい、子供たちには日々過ごしている時間が宝物なのだ、と感じてもらえるような作品をお届けします」と映画版への思いを吐露。脚本を担当した岸本も「スマホという最新機器だけど、目的地にたどり着くためには、結局自分の足で歩くしかない。デジタルなのにアナログで、イマドキなのに泥臭い。そんなドラマを目指しました」と力強いコメントを寄せている。

 物語の主な舞台は、「モンスト」が誕生したばかりの日本。主人公の少年少女が、世界を脅かす強大な敵と、互いの絆を信じて「モンスト」で戦う姿を通じて、友情とは本気で相手に感情をぶつけることだという熱いメッセージが発信される。

最終更新:7/25(月) 8:30

クランクイン!

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]