ここから本文です

『ハリー・ポッター』新シリーズ、新映像公開! 屋敷しもべ妖精ドビーの姿が

クランクイン! 7月25日(月)6時0分配信

 『ハリー・ポッター』の新シリーズ『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』の新映像が、世界最大級のポップカルチャーの祭典コミコン・インターナショナル(以下、コミコン)で解禁された。公開された映像には、今まで謎のベールに包まれていた魔法動物たちの姿が遂に明かされ、あの『ハリー・ポッター』シリーズのドビーでお馴染みの屋敷しもべ妖精も登場している。

【関連】『ハリー・ポッター』フォトギャラリー


 本作は、『ハリー・ポッター』シリーズの原作者J・K・ローリングが、映画のための脚本を書くためにペンを取った渾身の一作。シリーズ4作の監督、デイヴィッド・イェーツとのタッグとあり、これまでのハリー・ポッターの世界観を正当に受け継いだ新シリーズとなる。
 
 新シリーズの主人公は、世界中を旅するスゴ腕の魔法使いニュート・スキャマンダー。ハリーたちと同じ魔法学校で学び、誰よりも優秀だが、おっちょこちょいなところもある魔法動物使い。世界中の<魔法動物=ビースト>を調査するため、どんなものでも入ってしまうという不思議な魔法のトランクを肌身離さず持っている。だが、誤ってそのトランクが開けられてしまい、謎のイキモノたちがニューヨークの街に逃げ出してしまった…。
 
 コミコンには、主人公ニュート・スキャマンダーを演じるエディ・レッドメインをはじめ、ヒロイン役のキャサリン・ウォーターストンや、アリソン・スドル、ダン・フォグラー、エズラ・ミラー、コリン・ファレルといった豪華キャストとデイヴィッド・イェーツ監督が登壇。
 
 レッドメインは「想像以上の規模だね!とても興奮しているし、特別な思いでいっぱいだよ」と、会場に集まったファンを前に大興奮。また、イェーツ監督は本作について「ニューヨークが舞台というもっと広がった形で生み出せるのは、とってもエキサイティングな冒険でした」とコメント。メガホンを取った監督自身も、刺激的な経験となったようだ。
 
 『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』は11月23日全国公開。

最終更新:7月25日(月)6時0分

クランクイン!