ここから本文です

演劇『ハイキュー!!』、音駒、青葉城西含む因縁のライバルら全キャスト解禁

クランクイン! 7月25日(月)19時30分配信

 10月28日から開幕する演劇『ハイキュー!!』の新作公演「ハイパープロジェクション演劇『ハイキュー!!』“烏野、復活!”」にて、音駒高校、伊達工業高校、常波高校、青葉城西高校の選手を演じるキャストが追加で発表された。

【関連】『演劇「ハイキュー!!」“烏野、復活!”』キャストビジュアル<フォトギャラリー>


 ハイパープロジェクション演劇『ハイキュー!!』は、古舘春一による熱血バレーボール青春漫画の舞台化作品。今回は、烏野高校に加え、因縁の対決相手となる音駒高校や、伊達工業高校などが出演。主役校である烏野高校のメンバーが、音駒高校と因縁の“ゴミ捨て場の決戦”や、インターハイ予選を通じてさらに成長していく姿を描く。

 音駒高校の孤爪研磨役は、7月28日から開幕する舞台『「ROCK MUSICAL BLEACH」~もうひとつの地上~』に出演する永田崇人が担当、黒尾鉄朗役は劇団Patchの近藤頌利が務める。また伊達工業高校の青根高伸役には新井將、青根のチームメイト二口堅治役には木村敦、常波高校の池尻隼人役には松田裕が新たに名を連ねている。

 また、青葉城西高校の及川徹役は遊馬晃祐、岩泉一役は小波津亜廉が前作より引き続いて出演を果たし、今回の発表をもって、全29キャストが出揃った。

 なお、主役校である烏野高校のメンバーが、音駒高校と因縁の対決となる“ゴミ捨て場の決戦”をイメージした、各校の選手のビジュアルも公開されている。

「ハイパープロジェクション演劇『ハイキュー!!』“烏野、復活!”」は、10月28日より東京・AiiA 2.5 Theater Tokyoンにて公演。その後岩手、福岡、大阪で上演し12月1日から4日には東京で再公演。

最終更新:7月25日(月)19時30分

クランクイン!

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。