ここから本文です

チームは4位に浮上も…スランプに苦しむヤクルト・小川

ベースボールキング 7月25日(月)10時0分配信

 昨季、巨人との熾烈な優勝争いを制し、見事に14年ぶりのリーグ優勝を飾ったヤクルト。今季は、前半戦を最下位で折り返したが、前カードの中日相手に3連勝し4位に浮上した。

 昨季は、首位打者を獲得した川端慎吾、打点王を獲得した畠山和洋、そしてトリプルスリーを達成した山田哲人ら打撃陣が牽引したイメージが強いが、投手陣もチームを支えていた。チーム防御率こそリーグ4位だったが、11勝(8敗)を挙げた小川泰弘、13勝(9敗)をマークした石川雅規ら先発陣に加え、秋吉亮、オンドルセク、ロマンらを中心としたセットアッパー陣はホールド数でリーグトップを記録。守護神のバーネットが最多セーブのタイトルに輝くなど、“勝利の方程式”が確率されていた。

 今季はというと、目下打撃3部門はおろか最大6部門でリーグトップに立つ山田を中心に、新加入の坂口智隆などが奮闘。チーム打率はリーグ2位を記録する。

 しかし投手陣は、チーム防御率4.86は断トツの最下位。チーム防御率5位の阪神が3.68であることを考えると、いかにこの数字が突出しているかがわかる。1試合平均で5点近い失点があっては、いかに打線が強力であっても、勝利するのは難しい。

 そんな元気のない投手陣のなかで、例年の成績からみて不調が目立つのが4年目の小川だ。小川はルーキーイヤーに16勝を挙げ、最多勝、新人王のタイトルを獲得。2年目の14年には開幕投手を任されて見事勝利を飾ったが、4月18日の阪神戦で右手を負傷。それでも7月に復帰を果たすと、この年は9勝を挙げた。2年連続開幕投手を任された3年目には、11勝を挙げチームを優勝に導き、3年間の通算防御率は、3.17と安定。

 だが、今季の小川は苦しんでいる。7月24日現在、4勝4敗、防御率4.26といまひとつ。規定投球回数に達しているセ・リーグの投手のなかでは最も悪い防御率である。順風満帆にプロのキャリアを積んでいた小川に訪れた“試練”なのかもしれない。

 勝ちパターンのリリーフ陣は、守護神のオンドルセクが退団し、秋吉亮が守護神を担い、勝ち試合の8回をルーキが務めているが、昨季に比べると手薄。先発の柱である小川が本来の姿を取り戻すことが、ヤクルトの後半戦の戦いぶりを大きく左右しそうだ。

 この苦境を乗り越えたとき、小川はもう一回り成長し、再び「エース」として、チームを牽引する働きを見せるに違いない。

BASEBALL KING

最終更新:7月25日(月)10時0分

ベースボールキング

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]