ここから本文です

川下り、水しぶき爽快 白山・手取峡谷

北國新聞社 7月25日(月)3時4分配信

 24日の石川県内は高気圧に覆われて晴れ間が広がり、最高気温は小松32・3度、金沢31・8度、七尾31・4度など県内11観測地点のうち、10カ所で真夏日となった。熱中症の疑いで、内灘町では駐車場にいた男児(3)、小松市では屋内にいた70代男性がそれぞれ病院に搬送された。

 白山市の手取峡谷では24日、川下りイベントが行われ、子どもたちが冷たい水と急流で味わうスリルに歓声を上げた。スタッフの研修を兼ねたこの日は、地元児童と保護者27人、市職員15人がゴムボートに乗って約800メートルのコースを下った。

 「手取峡谷ウオーターパーク」は2年ぶりの開催となり、30日から本格営業が始まる。昨年は濁水の影響で中止となったが、今年は参加者の安全を確保できるまで回復した。運営する「アイアンドアイ」(加賀市)の高森真一代表は「安全に楽しんでもらうため、しっかりと準備したい」と話した。

北國新聞社

最終更新:7月25日(月)3時4分

北國新聞社