ここから本文です

ナシ丸々と実る 加賀市で収穫開始

北國新聞社 7月25日(月)16時3分配信

 25日の石川県内は高気圧に覆われ、曇りまたは晴れとなった。正午までの最高気温は小松32・3度、金沢32・2度、七尾31・4度など、県内11の観測地点のうち10カ所で真夏日となった。

 県内最大のナシ産地である加賀市では、早生品種の「愛甘水(あいかんすい)」の収穫が始まり、奥谷地区の生産農家は丸々と育った実を丁寧にもぎ取った。

 JA全農いしかわによると、愛甘水に続いて、8月上旬から主力品種である「幸水」の収穫が始まる。県内では、加賀市のほか、白山市と金沢市でナシが栽培されており、今年は例年並みの約2千トンの出荷が見込まれる。

北國新聞社

最終更新:7月25日(月)16時3分

北國新聞社