ここから本文です

バルサ、アトレティコFWビエット獲得が目前に…移籍金は約26億円

SOCCER KING 7月25日(月)11時43分配信

 バルセロナが、アトレティコ・マドリードに所属するリオ五輪アルゼンチン代表FWルシアーノ・ビエットの獲得に迫っている。スペイン紙『ムンド・デポルティーボ』が24日に報じた。

 報道によると、バルセロナが移籍金2200万ユーロ(約25億7000万円)を用意し、ビエットの獲得に迫っている。同紙は「移籍は(すでに)事実となっている」と記し、交渉成立が決定的であると伝えた。

 ビエットに関しては、今夏の移籍市場でセビージャへレンタル移籍で加入する選択肢もあったものの、同選手がアルゼンチン代表FWリオネル・メッシとの共演を望み、バルセロナ移籍を希望したという。同クラブはメッシとブラジル代表FWネイマール、ウルグアイ代表FWルイス・スアレスの“MSN”に続く“第4のFW”獲得を目指していると報じられていたが、ビエットを獲得する見通しとなった。

 ビエットは1993年生まれの22歳。ラシン・クラブの下部組織出身で、2011年にトップチームに昇格した。2014年夏にビジャレアルへ移籍すると、リーガ・エスパニョーラでの1年目で32試合出場12ゴールを記録。昨年夏にアトレティコ・マドリードへ6年契約で加入した。2015-16シーズンはリーガ・エスパニョーラで19試合出場1ゴール。来月に開催されるリオデジャネイロ・オリンピックに臨むアルゼンチン代表に選出されている。

SOCCER KING

最終更新:7月25日(月)11時43分

SOCCER KING

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。