ここから本文です

フランスが圧巻4ゴールでイタリア下す…6大会ぶりのU-19ユーロ制覇

SOCCER KING 7月25日(月)13時21分配信

 U-19ユーロ(欧州選手権)の決勝が24日に行われ、U-19フランス代表とU-19イタリア代表が対戦した。

 2010年以来の優勝を狙うフランスは準決勝でポルトガル代表を下し、2003年以来の大会制覇を目指すイタリアはイングランド代表を破って、それぞれ決勝へ駒を進めた。

 先制したのはフランス。開始6分、前線でルーズボールを拾ったジャン・ケヴィン・オギュスタンが巧みな反転で相手DF2人をかわしてエリア内に侵入。最後は飛び出したGKもかわして左足でシュートを流し込んだ。フランスはさらに16分、右サイドからクロスが入ると、ニアサイドに走り込んだルドヴィック・ブラがヘディングで合わせ、リードを2点に広げる。

 後半は互いに得点がないまま時間が経過したが、終盤に差し掛かかった82分にフランスが試合を決定づけるゴールを奪う。エリア手前左でボールを持ったリュカ・トゥサールが右足を振りぬくと、DFに当たってコースが変わったボールがゴール左に吸い込まれた。

 大きなリードを得たフランスは後半アディショナルタイム2分、左からのクロスボールをエリア内中央のイサ・ディオップがヘディングで豪快に叩き込み、ダメ押しとなる4点目をマーク。試合はこのまま終了し、フランスが6大会ぶり7度目の優勝を果たした。

【スコア】
U-19フランス代表 4-0 U-19イタリア代表

【得点者】
1-0 6分 ジャン・ケヴィン・オギュスタン(フランス)
2-0 16分 ルドヴィック・ブラ(フランス)
3-0 82分 リュカ・トゥサール(フランス)
4-0 90+2分 イサ・ディオップ(フランス)

SOCCER KING

最終更新:7月25日(月)13時36分

SOCCER KING

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。