ここから本文です

ウェストハム加入を2度拒否…CL出場望むバッカ、ナポリ移籍なら承諾か

SOCCER KING 7月25日(月)17時40分配信

 日本代表FW本田圭佑が所属するミランのコロンビア代表FWカルロス・バッカが、ナポリからのオファーを待ち望んでいるようだ。イタリアメディア『tuttomercatoweb.com』が24日に報じた。

 ナポリはユヴェントスにアルゼンチン代表FWゴンサロ・イグアインが移籍することが濃厚となり、その代役として、バッカが候補の一人に挙がっている。そのバッカ自身は、ミランからの移籍を希望しているものの、ウェストハムからのオファーを2度も拒否。その理由は、バッカがチャンピオンズリーグへの出場を強く望んでおり、同大会への出場権を持たないウェストハムへの移籍を拒んでいるからだ。

 しかし、ナポリは昨シーズンのセリエAを2位で終えており、チャンピオンズリーグ出場権を持つ。このため、バッカはナポリへの移籍を受け入れるものと予想されている。

 移籍金は、3000万ユーロ(約35億円)か、2700万ユーロ(約32億円)にボーナスを加えたものになるようだ。これは、ウェストハムがバッカの獲得のために提示した額と同等。ミランは実際にこのオファーを受け入れているため、ナポリは同じ移籍金を支払えば獲得できる可能性は高いと見られている。

SOCCER KING

最終更新:7月25日(月)17時40分

SOCCER KING

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。