ここから本文です

今季で活動終了の岡山ネクスト、JFL退会が正式決定…理事会で承認

SOCCER KING 7月25日(月)20時37分配信

 JFL(一般社団法人日本フットボールリーグ)は25日、ファジアーノ岡山ネクストの今シーズン限りでの同リーグ退会を承認したことを発表した。同日に開始された理事会決議にて全員一致で承認可決されたという。

 ファジアーノ岡山は6月24日、セカンドチームである岡山ネクストの活動を今シーズン限りで終了すると発表。同日にJFLへ退会届を提出したと併せて発表していた。そして今回、退会が正式に承認された。

 JFLは岡山ネクストの退会に伴い、地域リーグとの入れ替え条件に変更があると発表。従来はJFLの下位2クラブが自動降格、地域リーグの上位2クラブ(JFL入会希望、入会条件充足)がJFLへ自動昇格する予定となっていたが、JFLからの自動降格が最下位クラブのみとなることを発表した。なお、JFLからJ3へ入会するクラブが1つ以上あった場合、JFLから地域リーグへ降格するクラブはゼロとなる。

 ファジアーノ岡山のセカンドチームである岡山ネクストは「選手育成機関の最上位カテゴリー」という位置付けで2009年から活動を開始。「ユース年代を卒業した18歳から21歳の選手の育成体制を整えること」を目標とし、岡山サッカーリーグに参戦して1年目から優勝を果たした。翌年からは中国サッカーリーグに戦いの場を移し、2013年シーズンの優勝を経て2014年にJFLへ昇格した。

 しかし、発足から8年で活動終了が決定。6月24日の発表では、「将来的に再度セカンドチームを保有する場合は、J3に参画できる仕組みと可能性」を整える必要があるとの見解が伝えられている。

SOCCER KING

最終更新:7月25日(月)20時38分

SOCCER KING

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。