ここから本文です

またフライング?新天地はチェルシーか…マフレズのユニフォームがショップに?

ゲキサカ 7月25日(月)11時10分配信

 レスター・シティのMFリヤド・マフレズの“新ユニフォーム”が『アディダス』社のウェブサイトで売られていたようだ。英『メトロ』が伝えている。

 昨季はイングランド・プロサッカー選手協会(PFA)の年間最優秀選手に選出されるなど、プレミア制覇に大きく貢献したアルジェリア代表MFを巡っては移籍の噂が絶えない状況。

 ここ数日の報道ではアーセナルへの移籍が報じられる中、23日にレスターのクラウディオ・ラニエリ監督が「彼はここに残るよ。(残留は)非常に重要だ。スター選手の1人だからね」と残留を強調していた。

 しかし指揮官が事態の収拾を図るなか、まさかの“お漏らし”が起きてしまった。アディダス社のウェブサイト上で販売されているチェルシーのユニフォーム。背番号7番の『マフレズ』を選択することができるようになっていたという。

 チェルシーファンがいち早く気づき、『ツイッター』にスクリーンショットを投稿したことで話題に。その後に当該シャツはウェブサイト上から消えたという。

 MFヘンリク・ムヒタリアンがドルトムントからマンチェスター・ユナイテッドへ移籍した際も、発表前からムヒタリアンのユナイテッド版ユニフォームが発売され、話題となっていた。またも起きてしまったフライング。現実となるのか。

最終更新:7月25日(月)11時45分

ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報