ここから本文です

モイーズが指揮するサンダーランドがヤヌザイを狙う

ゲキサカ 7月25日(月)17時0分配信

 サンダーランドがマンチェスター・ユナイテッドのMFアドナン・ヤヌザイに興味を示している。期限付き移籍での獲得を検討していると、英『デイリー・メール』が報じている。

 サンダーランドは22日にサム・アラダイス前監督がイングランド代表の新監督就任に伴い、クラブを退団。翌23日にデイビッド・モイーズ氏の就任を発表していた。

 21歳のヤヌザイは12-13シーズンの終盤にトップチームに昇格したが出場機会に恵まれなかった。だが、13-14シーズンからユナイテッドの指揮官に就任したモイーズ氏に出場のチャンスを与えられると、同シーズンは27試合に出場し、4得点を記録。14-15シーズンからはライアン・ギグス氏が21年間着けていた『11』を継承した。

 更なる飛躍が期待されていたが、モイーズ氏の後任のルイス・ファン・ハール前監督のもとでは出場機会に伸び悩み、15年8月にドルトムントに期限付き移籍。今年1月にユナイテッドに早期復帰したが、結局5試合の出場にとどまっていた。

 ユナイテッドは今夏、ドルトムントからMFヘンリク・ムヒタリアンを獲得。さらにユベントスのMFポール・ポグバ獲得が噂されており、選手層の厚い中盤でヤヌザイの出場機会は少ないとみられている。そのため、トップデビューさせた恩師が救いの手を差し伸べたとのこと。また、サンダーランドはドルトムントに期限付き移籍する前にもヤヌザイに興味を持っていたようだ。

最終更新:7月25日(月)17時0分

ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報