ここから本文です

これが首位の力!!MFジュリーニョハットの札幌が岐阜を5発粉砕

ゲキサカ 7月25日(月)21時46分配信

[7.25 J2第25節 札幌5-0岐阜 札幌ド]

 首位の北海道コンサドーレ札幌が5-0と圧巻のゴールラッシュを見せ、FC岐阜を粉砕した。札幌は8試合負けなし(6勝2分)で首位をがっちりキープ。一方、22日にラモス瑠偉前監督の解任を発表し、コーチから昇格した吉田恵新監督が指揮を執った岐阜は、泥沼の6連敗となった。

 現在の勢いの差をピッチ上に反映するように、序盤から札幌が岐阜を圧倒。前半7分、MFジュリーニョがFW都倉賢とのワンツーでPA内に入り、左足で先制点をマーク。同24分にはMF上里一将のパスを受けたジュリーニョがミドルレンジから左足を振り抜くと、豪快なブレ球がネットに突き刺さり、追加点を挙げた。

 攻撃の手を緩めない札幌は前半32分、ジュリーニョとのパス交換で中央を打開したFW内村圭宏がPA手前から左足の鋭いシュートをゴール左隅に突き刺す。前半は3-0とホームの札幌が大きくリードして折り返した。

 後半に入り、早めの交代策で反撃を試みる岐阜。しかし、次の1点も札幌に生まれた。後半30分、今季ホームゲーム初出場となった途中出場のMF小野伸二がPA手前からヒールでつなぎ、受けたMF中原彰吾が右足でシュート。右ポストに当たるも、詰めていたジュリーニョが左足で蹴り込み、ハットトリック達成で4点差とした。

 最後まで畳み掛ける札幌は後半39分、MF堀米悠斗が左サイドから送ったクロスが相手守備陣の間をすり抜けると、PA内右で受けた内村が落ち着いたトラップから右足で豪快に叩き込み、5点目を奪取。札幌は4-0で快勝したJ2第2節の前回対戦に続く5-0の大勝で、岐阜に力の差を見せつけた。

最終更新:7月25日(月)21時46分

ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。