ここから本文です

ダイハツ、マレーシアで新型小型乗用車「べザ」を発売開始

オートックワン 7月25日(月)13時54分配信

ダイハツと、マレーシアでの自動車生産・販売の現地合弁会社プロドゥアは、新しい国民車として、小型乗用車「BEZZA(べザ)」を発売開始した。

このニュースのフォトギャラリー

べザは2014年に発売した「アジア」に続くプロドゥア構造改革第2弾の商品であり、ダイハツが日本で培ってきた軽自動車の技術やノウハウをもとに開発したグローバルAセグメントプラットフォームの活用に加え、プロドゥアが初めてスタイリング/アッパーボディの開発を担当。車名は、これまでにない、新市場を開拓する商品であることに加え、従来とは違う開発を行ってきたことを表現している。

ベザは、マレーシアで高いニーズのある500リットルの大容量トランクをコンパクトなボディに装備した同国初のAセグメントセダンであり、新ジャンル商品として新たな市場を開拓するべく開発。また、日本の軽で実績のあるeco IDLE(アイドリングストップシステム)を国民車として初めて搭載したことなどにより、同国ガソリン車No.1の高い燃費性能を有し、同国のエコカー政策であるEEV(Energy Efficient Vehicle)政策に適合している。

また、新型車の生産に併せ、ダイハツが日本で培った生産コンセプト「SSC(シンプル・スリム・コンパクト)」のノウハウを展開した新エンジン工場である、ダイハツ・プロドゥア・エンジン・マニュファクチャリング(DPEM)の稼動を開始した。DPEMでは、同国で初めて、アセアン向け次世代エンジン「1NR-VEエンジン(1.3L)」を生産し、「ベザ」に搭載する。

ダイハツ 「BEZZA(べザ)」

ボディサイズ:全長4150×全幅1620×全高1510mm

乗員定員:5名

エンジン:1KR-VE (1.0L[998cc])/1NR-VE (1.3L[1329cc])

トランスミッション:5MT/4AT

パッケージ:最大容量500リットルを超える大容量トランク、分割可倒リアシート

高い環境性能:マレーシアガソリン車No.1であり、EEV政策に適合する22.8km/Lの高い燃費性能(新型エンジン、eco IDLEを採用)

高い経済性:価格/マレー半島小売価格37,300RM~50,800RM(約99万円~約135万円[1リンギ=26.5円/7月19日時点]で換算)

安全性能:アセアン NCAP 最高ランクの☆5つ(最上級グレード)の高い安全性

基本性能:高い静粛性、1.3リッターエンジンによる高い加速性能及び中高速時の操縦性

最終更新:7月25日(月)13時54分

オートックワン