ここから本文です

レイバンがスクーデリア・フェラーリとのスポンサー契約締結

オートックワン 7/25(月) 12:34配信

ルックスオティカ(伊:Luxottica Group S.p.A)は、フェラーリ(Ferrari S.p.A.)とスポンサー契約を締結したことを発表した。

このニュースのフォトギャラリー

ルックスオティカは、ファッションアイウェア、ラグジュアリーアイウェア、スポーツアイウェアのデザイン、製造、販売において業界をリードする企業であり、代表的なサングラスブランド レイバンのオーナーでもある。

世界で最も有名なアイウェアブランドであるレイバンは、レーシングチームのスクーデリア・フェラーリのスポンサーとして契約を締結。イギリス、シルバーストン・サーキットで開催されるF1世界選手権で初めて登場し、スポンサーシップの一環として、フェラーリのF1マシンにレイバンのロゴが表示される。

今回のスポンサーシップ契約を通して、フェラーリのレーシングチームのチームカラーである赤とレイバンの赤が融合。これにより、世界大手アイウェアブランドのレイバンがF1の舞台で注目を浴びることとなる。

ルックスオティカ会長レオナルド・デル・ヴェッキオは次のようにコメントしている。

「本日、画期的なパートナーシップを締結できたことをとても嬉しく思っています。 フェラーリ・ファミリーの一員になれたことを光栄に思っています。文化的な関連性と豊かさ、卓越性。これらはレイバンに独自のステータスをもたらしている特徴です。そしてフェラーリは、この特徴を完璧に反映し、形にしているブランドです」

最終更新:7/25(月) 12:34

オートックワン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。