ここから本文です

くまモンGO、熊本へGO! ソラシド、復興支援で特別塗装機

Aviation Wire 7月26日(火)9時5分配信

 ソラシドエア(旧スカイネットアジア航空、SNJ/6J)は7月26日、熊本地震からの復興支援プロジェクトの一環として、デカールによる特別塗装機「がんばるけん! くまモンGO」(ボーイング737-800型、登録番号JA812X)を就航させた。

 初便は羽田発熊本行き6J11便。羽田空港の506番スポットから午前7時11分に出発し、D滑走路(RWY05)から離陸した。熊本には定刻より14分早い午前8時46分に到着した。

 くまモンGOの機内では、客室乗務員がくまモンが描かれたオリジナルのエプロンを着用するほか、熊本県の情報誌を各席のシートポケットに置く。機内販売の売上の一部は、日本赤十字を通じて毎月寄付していく。

 宮崎県に本社を置くソラシドは、羽田と那覇から九州・沖縄路線を12機の737-800で運航。熊本県の人気キャラクター「くまモン」を描いた特別塗装機を、羽田-熊本線が就航10周年を迎えた2013年から運航しており、今回の「がんばるけん! くまモンGO」は3機目となる。

 ソラシドでは、復興支援のプロジェクトによる特別塗装機の1機目として、「がんばろう! 九州」(737-800、JA807X)を5月28日に就航させている。

Tadayuki YOSHIKAWA

最終更新:7月26日(火)9時5分

Aviation Wire