ここから本文です

“全英の風”はどこへ? 初挑戦の柏原明日架「この天候なら伸ばしあい」

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO) 7月26日(火)7時50分配信

今年で40回目を迎える「全英リコーオープン」が28日(木)にイングランドのウォーバーンGCで開幕する。自身初の海外メジャーに臨む柏原明日架は、25日にコースで調整を行った。プロとしては初の海外公式戦となるが「高校生のときに何度も(海外で)試合をしたから」と終始リラックスした表情だ。

【画像】キャロウェイ、ベンツ、アンダーアーマーのマークをつける柏原明日架

気温25度のポカポカ陽気。例年、吹き荒れる強風が多くの選手を苦しめる「全英-」のリンクスコースとは異なり、木々に囲まれる林間コースが今年の舞台。23日(土)に現地入りし、この日初めて18ホールをチェックした柏原は、普段プレーする日本のコースに似た印象を抱き、「この天候なら伸ばしあいになると思う」と見据えた。

木々に遮られるコースで強風が吹き抜けることは少なそうだが、「一日のうちに四季がある」とも言われる空模様はこの季節の同国に共通した特徴。3度目の渡英となる柏原は「暑くなったり、寒くなったりすると思う。それ次第で変わると思う」と冷静に状況を認識している。変わりやすい天候や強風を考慮し、「全英-」仕様にクラブを変更する選手も少なくはないが、「変更はなし。テストもしていない」とキッパリ言った。

もともとは出場権獲得(日本ツアー賞金ランク上位5選手)には及ばない同ランク13位だったが、上位陣が軒並み辞退し切符を得た。「出られると決まった瞬間は、めちゃくちゃ嬉しかった」と、転がり込んできたチャンスに向かうモチベーションは高い。

今週の同コースは、初日の28日(木)が降水確率60%の雨予報。2日目以降は、晴れのち曇りで、この日と同じような天候が予想されている。(イングランド・ウォーバーン/林洋平)

最終更新:7月26日(火)15時37分

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]