ここから本文です

<33歳、海外留学します!>第50回 語学力アップのために「日本語を避ける」

毎日キレイ 7月26日(火)18時30分配信

 アイルランド・ダブリンへ語学留学し、ロンドンに引っ越しをしたエディターでライターのハマコさん=仮名=が、現地の人々とのふれあいなどをリポートする「33歳、海外留学します!」。今回が最終回です。留学で英語力アップに役立ったこと、もっともストレスを感じたことについてつづります。

【写真特集】ロンドンの街 スタンステッド空港も

 ◇英語力アップには「日本語を避けること」

 何が英語力アップに効果があったのか。それは「日本語を避けること」でした。

 留学先では、日本語で話しかけてくる生徒が思ったより、たくさんいました。まれに日本人同士でも英語で会話する人もいましたが、大半は授業の外では日本語を使ってリラックスしており、“24時間英語漬け”でいたかった私との温度差を感じました。

 それぞれの取り組み方があり、私は日本語を使わないようにしていたので、日本以外のアジア人だと思われていたかもしれません。

 私の友達は必然的に他国の出身者ばかりでした。共通言語が英語のみなので、イヤでも練習になります。1日は、授業以外の時間のほうが圧倒的に長いですから、非常に効果があったと思っています。

 ◇日本語メディアもシャットアウト

 日本語メディアを一切使わないようにしたことも効果がありました。ニュースを知るメインツールは英国の公共放送「BBC」のアプリにし、もちろん最初はちんぷんかんぷん。それでも毎日聴き続けていると、徐々に耳が慣れてきました。

 英語力の向上とともに大きな収穫だったのが、報道の仕方の違いを学ぶことができたこと。英国流の事件の伝え方や、ジャーナリストの視点を知ることができたのも、社会人として、とてもよかったと感じています。

 ◇住居問題がもっともストレスに

 私の場合は住居に関する問題が最大のストレスでした。部屋が見つからない、同居人のマナーが悪い、退去前に次の住人を見つけないと保証金を返してもらえない……といったような問題を常に抱えていました。

 ダブリンもロンドンも、シェアハウスが一般的です。節約したい私は、いつも女性限定のシェアハウスかアパートを探したのですが、難しいことも多く苦労しました。何度か男性のシェアメートがいる物件に住んだこともありましたが、正直、もう二度と嫌だと思っています。

1/2ページ

最終更新:7月26日(火)18時30分

毎日キレイ