ここから本文です

KANDYTOWNからIOに続いてYOUNG JUJUがデビュー・アルバム発売決定

bmr.jp 7月26日(火)17時30分配信

KANDYTOWNからIOに続いてYOUNG JUJUがデビュー・アルバム発売決定

KANDYTOWNからIOに続いてYOUNG JUJUがデビュー・アルバム発売決定

音楽面だけでなくファッション面でも熱い注目の集まる新世代ヒップホップ・クルー、KANDYTOWN。そのメンバーであるIO(イオ)が今年2月に発表したソロ・デビュー作『Soul Long』は大きな反響を呼んだが、続いてYOUNG JUJUが9月にデビュー・アルバムをリリースすることが発表された。

世田谷を拠点に、ラッパー、ビートメイカー、DJといった才能が集ったアーティスト集団であるKANDYTOWN。今年3月にはReebok CLASSICとのコラボレーション・ビデオが発表され、このクールな映像のために「GET LIGHT」という新曲が用意されたが、そこで最初のヴァースを担当していたのが、KANDYTOWNの中心メンバーのひとりであるYOUNG JUJUだ。

IO、DONY JOINTと共に、国内最高峰ともいわれるプロデュース/クリエイティブ集団BCDMGへ加入、昨年12月にはIO、DONYとの連名によるフリーEP『Nothing New』をcarharttの全面サポートでリリースしたことも話題になったYOUNG JUJUが、いよいよソロ・デビュー。IO『Soul Long』にも参加していた国内屈指のビートメイカー、MASS-HOLEのプロデュースによるソロ・デビュー曲「The Way」がリード曲として発表され、タワーレコード1000枚限定シングルとして先日発売。早々に完売し、プレミア化しているという。そしてこの勢いに乗って、9月14日に待望のデビュー・アルバムの発売が決定。IO、DONY JOINTはもちろん、Fla$hBack$からFEBB、jjjの参加も予定されているという。

なお現行USヒップホップのトレンドも取り入れた「The Way」のミュージック・ビデオは「MTV EXCLUSIVE」に選ばれ、7月26日(火)から28日(木)の3日間に渡ってMTVにて先行オンエア中。アルバムへの期待がさらに高まるところだ。

最終更新:7月26日(火)17時30分

bmr.jp

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。