ここから本文です

ルフトハンザ、バイエルン・ミュンヘンのデカール機 A340で1年間

Aviation Wire 7月26日(火)19時1分配信

 ルフトハンザ ドイツ航空(DLH/LH)は現地時間7月25日、独サッカー・ブンデスリーガの強豪、バイエルン・ミュンヘンをデザインしたエアバスA340-600型機(登録番号D-AIHK)の運航を開始した。今後1年間、ミュンヘン発着の長距離路線に投入する。

 バイエルン・ミュンヘンの米国ツアーに合わせて導入した。機体にはバイエルンのロゴのほか、フィリップ・ラームやマヌエル・ノイアー、フランク・リベリー、アリエン・ロッベンら10選手のデカールをデザインした。

 チームは7月25日から11日間の日程で、米国ツアーを実施。ミュンヘン発の同機に搭乗し、シカゴに向け出発した。米国ではACミランとインテル(ともにイタリア)、レアル・マドリー(スペイン)の各チームと対戦する。

 バイエルン・ミュンヘンは1900年設立。世界的に人気がある古豪チームで、過去にはフランツ・ベッケンバウアーやゲルト・ミュラーなどのスター選手を輩出している。

 2013-14シーズンから3シーズン務めたペップ・グアルディオラ監督が退任。2016-17シーズンからは、ACミランやレアル・マドリーで監督を務めたカルロ・アンチェロッティ氏が就任した。

 ルフトハンザは2004年から、チームのオフィシャル航空会社を務めている。

Yusuke KOHASE

最終更新:7月26日(火)19時1分

Aviation Wire

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]