ここから本文です

緊急着陸のハワイアン航空機、機体中央から油漏れ

Aviation Wire 7月26日(火)23時57分配信

 ハワイアン航空(HAL/HA)は、7月18日に羽田空港へ緊急着陸した羽田発ホノルル行きHA458便(エアバスA330-200型機、登録番号N395HA)について、機体中央部分から油が漏れていたことを公表した。

 ハワイアン航空によると、機体に3系統ある油圧装置のうち、1系統の作動油が機体中央部にある高圧マニホールドから漏れた。これにより、コックピット内にある油圧系統の計器に数値の低下を示す警告が出たことから、太平洋上で羽田空港へ引き返した。

 HA458便は17日午後11時50分、乗客280人(うち幼児4人)と乗員13人の293人を乗せ、羽田から出発。18日午前1時32分にC滑走路(RWY34R)へ緊急着陸したが、油漏れのほかにタイヤがパンクしたことから、午前9時30分ごろまで滑走路にとどまっていた。乗客乗員にけがはなかった。

 緊急着陸時にパンクしたのは、左右の主脚に4本ずつ計8本あるタイヤのうち4本。メインのブレーキ装置は油圧の数値が低下していたことから、機長が着陸後に予備ブレーキを使用して停止させた。この際、主脚のタイヤがロックする「スキッド状態」で停止したため、パンクしたという。

 滑走路から機体を移動させるにあたり、主脚のタイヤを6本交換。牽引車で機体を牽引し、駐機場へ移した。

 当該機は油漏れの修理とブレーキを交換後、20日午後4時54分にフェリー(回送)便として羽田を出発し、ホノルル空港へ向かった。

 18日はHA458便が深夜に緊急着陸後、C滑走路が午前10時45分に運用を再開するまで閉鎖された。この影響で、羽田を発着する国内線に欠航や遅延が発生した。

Tadayuki YOSHIKAWA

最終更新:7月26日(火)23時57分

Aviation Wire

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]