ここから本文です

ティム・カリーも参加! テレビ版「ロッキー・ホラー・ショー」予告編が公開

映画.com 7月26日(火)12時0分配信

 [映画.com ニュース] 1975年の初公開から40年以上、つねに世界のどこかで上映されている作品として知られるカルト映画「ロッキー・ホラー・ショー」。米FOXネットワークが同作にオマージュを捧げた同名テレビ番組が完成し、このほどその予告編が初公開された(www.youtube.com/watch?v=K3TDwa2cDOc)。

 テレビ版「ロッキー・ホラー・ショー」は、網タイツのマッドサイエンティスト、フランクン・フルター博士役で「オレンジ・イズ・ニュー・ブラック」のトランスジェンダー女優ラバーン・コックスが主演。

 ほか、映画版でミート・ローフが演じたエディ役にアダム・ランバート、リチャード・オブライエンが演じたリフ・ラフ役にリーブ・カーニー、スーザン・サランドンとバリー・ボストウィックが演じたジャネットとブラッド役にビクトリア・ジャスティスとライアン・マッカータンが起用されている。

 なお、オリジナル映画版と舞台版でフランクン・フルターを演じたティム・カリーも、映画版でチャールズ・グレイが扮した語り手の犯罪学者役で参加。予告編にも姿を見せている。

 テレビ版は「マイケル・ジャクソン THIS IS IT」「ハイスクール・ミュージカル」のケニー・オルテガがプロデュース、監督、振付を手がけ、10月20日の全米放送を予定。

最終更新:7月26日(火)12時0分

映画.com

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。