ここから本文です

復帰に合わせて“真相”を告白した雨宮アナ

リアルライブ 7月26日(火)11時46分配信

 元TBSの雨宮塔子アナウンサーが、25日放送の同局系報道番組「NEWS23」でキャスターに復帰した。

 雨宮アナは星浩キャスターから「新しい仲間」と紹介されると、「私にとっては大変なじみ深いTBSでNEWS23に携わらせて頂くことになりました。本当に感慨深い思いでいっぱいです。視聴者のみなさまが本当にお知りになりたいニュースを掘り下げて分かりやすく伝えたいと思います」とあいさつした。

 テレビのレギュラー番組は17年ぶりとあって、番組終了時には「外から見てるのとここにいるのとでは全然違うなという、本当に人ごとでした。この熱い現場は…」と興奮気味に話した。

 復帰のタイミングに合わせ、雨宮アナは26日発売の「婦人公論」(中央公論新社)のインタビューに応じ、フランス人の恋人がいることを告白している。

 雨宮アナはTBS退社後、仏・パリへ渡り02年、現地で知り合った人気パティシエの青木定治氏と結婚。2人の子どもを産んだが昨年3月に離婚が成立していた。

 同誌では、2人の子どもと、現在でも良好な関係だという青木氏にキャスター復帰を後押しされたことを明かしているが、仏人パートナーの存在も告白。「子供たちの面倒を見る心構えはできているよ」とその男性も仕事復帰をバックアップしたという。

 「新恋人の存在は、先日一部で報じられた。雨宮アナの起用に関しては局内から多くの批判の声があがっているため、特にスキャンダルはマイナスポイント。そのため、復帰のタイミングに合わせ、しっかりと“説明責任”を果たしておこうと思い、同誌のインタビュー取材に応じたようだ」(TBS関係者)

 これで心おきなく仕事に打ち込めそうだ。

最終更新:7月26日(火)11時46分

リアルライブ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。