ここから本文です

日台芸術交流展、台北で 日本の工芸家6人の作品を紹介/台湾

中央社フォーカス台湾 7月26日(火)15時11分配信

(台北 26日 中央社)日台の芸術家の作品を集めた特別展「円・台日芸術交流展」が、台北市の長流美術館台北館で23日から開かれている。台湾の芸術家2人の作品とともに、染色工芸家で京都府指定無形文化財保持者の羽田登さんなど日本を代表する工芸家6人がそれぞれ手掛けた染織やガラス工芸、漆器、陶器などを展示し、日本の工芸品の美しさを伝えている。

今回のテーマは「円」。円は東洋哲学において調和や融和などを意味する。出展する芸術家らは、温もりあふれる今回の特別展を通じ、来場者に精神的な満足感を得てもらえればと期待を寄せている。

会期は来月7日まで。

(鄭景ブン/編集:名切千絵)

最終更新:7月26日(火)15時11分

中央社フォーカス台湾

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。