ここから本文です

<沢村一樹>特撮ヒロインらの浴衣姿ににやり ちびっ子前でも“エロキャラ”封印せず

まんたんウェブ 7月26日(火)16時15分配信

 俳優の沢村一樹さんが26日、東京・六本木ヒルズで行われた特撮映画「劇場版 仮面ライダーゴースト 100の眼魂とゴースト運命の瞬間」(8月6日公開)の完成披露イベントに浴衣姿で登場。大沢ひかるさんら女性キャストも浴衣姿で登場し、沢村さんは「浴衣は日本の発明品。うなじが素晴らしい」とにやり。駆けつけた子供たちに向かって「ちびっ子のみんな、“うなじ”って言葉だけ覚えて帰ってね」と“エロキャラ”を封印することなく得意の“下ネタ”を披露し、司会から注意を受けていた。

【写真特集】仮面ライダー&スーパー戦隊ヒロインも浴衣姿で……

 映画では「仮面ライダーゼロスペクター」に変身する深海大悟役を演じており、「僕にモザイクがかかっていなければ本編に登場します」と話しつつ、「子供の頃からの憧れですからね。変身ポーズができてうれしかった」と笑顔。自身にとっての「今年の夏休みの宿題」を聞かれると、「マネジャーから8月はお休みなしって言われました」と明かし、「(先日行われた会見で)『仮面ライダーと言えば近年若手の登竜門になっているので、僕ももしかしたらブレークできるかも』と言っていたのですが、ブレーク間近ですね。うれしい。体が壊れるまで働きます」と力強く語った。

 イベントは、同時上映される「スーパー戦隊シリーズ」の最新劇場版「劇場版 動物戦隊ジュウオウジャードキドキサーカスパニック!」と合わせて開催され、仮面ライダーゴーストから西銘駿さん、大沢さん、山本涼介さん、柳喬之さん、磯村勇斗さん、劇場版にゲスト出演する木村了さん、動物戦隊ジュウオウジャーから中尾暢樹さん、柳美稀さん、南羽翔平さん、渡邉剣さん、立石晴香さん、國島直希さんも浴衣姿で出席した。

 「劇場版 仮面ライダーゴースト 100の眼魂とゴースト運命の瞬間」は、西銘さん演じる主人公タケル(仮面ライダーゴースト)が、100の眼魂を集めて、すべての世界の人間をゴーストにしようと企む仮面ライダーゴーストとそっくりのダークゴーストの陰謀を阻止するため戦う……というストーリー。西銘さんは映画を見て「僕たちの作品として1年間の集大成なので、感動して泣いてしまいました」と明かしていた。

最終更新:7月26日(火)20時25分

まんたんウェブ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。