ここから本文です

ドローンレースを企画・配信…TBSやGYAOなどプロジェクト発足

レスポンス 7月26日(火)9時30分配信

東京放送ホールディングス(TBS)、GYAO、よしもとクリエイティブ・エージェンシー、BIGFACE、電通の5社は共同でドローンレースや競技を始めとするエキストリームエンタテイメントのコンテンツを開発するプロジェクトを発足させた。

[関連写真]

プロジェクトでは、番組制作・放送・配信という既存の枠を超え、各社共同でドローンレース・競技の普及発展、ドローンパイロット育成や先端技術開発、その他エキストリームエンタテイメントなどのコンテンツ開発、イベント制作、情報拡散、プログラム制作、ビジネス化を目指すもの。

第1弾として6月11日・12日仙台ゼビオアリーナで行われた日本最大の室内ドローンレース大会のハワイ世界大会予選「ジャパン・ドローン・ナショナルズ」の模様を映像配信サービス「GYAO!」などで無料配信した。

今後、10月ハワイドローンレース世界大会へ向けての協業の検討や、ドローンレースの普及支援とドローンパイロット育成事業への参画、オリジナルモデルのドローンフェスの開催などを検討する。新規ドローン競技の開発とイベント開催、放送・配信など多くのコンテンツ開発も予定する。

《レスポンス レスポンス編集部》

最終更新:7月26日(火)9時30分

レスポンス

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。