ここから本文です

ももいろクローバーZ、ニュー・シングル「ザ・ゴールデン・ヒストリー」をリリース

CDジャーナル 7月26日(火)16時43分配信

ももいろクローバーZ、ニュー・シングル「ザ・ゴールデン・ヒストリー」をリリース

ももいろクローバーZ、ニュー・シングル「ザ・ゴールデン・ヒストリー」をリリース

 8月13日(土)、14日(日)の2日間、神奈川・日産スタジアムにて夏祭りイベント〈桃神祭 2016 ~鬼ヶ島~〉を開催、明けて15日(月)には“大後夜祭”と題し、全国の映画館で14日公演のライブ・ビューイング上映を行なう、ももいろクローバーZ。待望のニュー・シングル「ザ・ゴールデン・ヒストリー」が9月7日(水)にリリースされます。

 本シングルは、初回限定盤A(CD + Blu-ray)、初回限定盤B(CD + Blu-ray)、通常盤(CD)の3形態でリリースされ、全形態とも、作詞を只野菜摘・浅利進吾、作曲を浅利が務めたタイトル曲「ザ・ゴールデン・ヒストリー」と、invisible mannersが作詞・作曲を手がけた「DECORATION」を収録。限定盤付属のBlu-rayには、それぞれのミュージック・ビデオとオフショット映像が収められています。

 上記2曲に加え、初回限定盤Aには「Hanabi」(NHK BS時代劇「伝七捕物帳」主題歌)、初回限定盤Bは福岡ソフトバンクホークス・柳田悠岐選手の入場曲「伸ルカ反ルカ」を収録。通常盤には全楽曲が収められています。

最終更新:7月26日(火)16時43分

CDジャーナル

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。