ここから本文です

“CEDEC AWARDS”特別賞は襟川陽一氏、著述賞は専門雑誌『CGWORLD』編集部に決定

ファミ通.com 7月26日(火)12時22分配信

●技術4部門・計22の優秀賞も発表
 2016年8月24日~26日の3日間、神奈川県・パシフィコ横浜にて開催される日本最大のコンピュータエンターテインメント開発者向けカンファレンス“CEDEC 2016”における、“CEDEC AWARDS”の2016年の特別賞および著述賞が決定した。

 コンピュータエンターテインメント開発全般に貢献した方を表彰する“特別賞”は、ゲームの世界に歴史シミュレーションを根付かせた、襟川陽一氏。また、著述賞は専門雑誌『CGWORLD』編集部に決定した。

 以下、リリースより。

----------

技術面からゲーム開発者の功績を称える「CEDEC AWARDS 2016」
特別賞は、ゲームの世界に歴史シミュレーションを根付かせた襟川陽一氏、
著述賞は、CG技術を幅広く取り扱う専門雑誌「CGWORLD」編集部に決定
技術4部門・計22の優秀賞を発表、最優秀賞の投票を実施中

CEDEC 2016
テーマ:Now is the time !
会期:2016年8月24日(水)~26日(金)
会場:パシフィコ横浜(横浜市・みなとみらい)

日本最大のコンピュータエンターテインメント開発者向けカンファレンス「コンピュータエンターテインメントデベロッパーズカンファレンス 2016」(略称:CEDEC 2016、CEDEC=セデック:Computer Entertainment Developers Conference)において開催する「CEDEC AWARDS」の2016年の特別賞および著述賞を決定しました。

「CEDEC AWARDS」は、コンピュータエンターテインメント開発の進歩へ顕著な功績のあった技術にフォーカスし、技術面から開発者の功績を称えるものです。

コンピュータエンターテインメント開発全般に貢献した方を表彰する「特別賞」は、ビデオゲームの黎明期に『川中島の合戦』を生み出し現在も続く『信長の野望』、『三國志』シリーズなどにより、ゲームの世界に歴史シミュレーションを根付かせた、襟川陽一氏(株式会社コーエーテクモホールディングス代表取締役社長)に決定しました。同氏は、「シブサワ・コウ」の名前で、ゲームプロデューサーとして今もなお歴史を題材にしたゲームを中心に制作を続ける一方、経営者としてゲーム業界とゲーム学術の発展にも尽力しています。

また、著述賞は、コンピュータ・グラフィック(CG)技術を基本から応用まで幅広く取り扱う株式会社ボーンデジタル発行の専門雑誌「CGWORLD」編集部に決定しました。「CGWORLD」は、実際の制作現場でのアーティスト、エンジニアへのインタビューシリーズ等多彩な視点による記事で構成され、雑誌メディアとしてプロに限らず幅広い読者へ向けて最新のCG技術を認知・普及させることに、長きに渡り貢献していることが、授賞理由となりました。

CEDEC AWARDS優秀賞は、いずれも斬新な技術でコンピュータエンターテインメントに新風を吹き込んだ功績を評するものです。昨年のCEDEC受講者アンケートで高評価を得た講演者と、CEDEC 2016のセッションを選定するプログラムワーキンググループの各分野のプロデューサーとで組織する「CEDEC AWARDS 2016ノミネーション委員会」が、「エンジニアリング」「ビジュアル・アーツ」「ゲームデザイン」「サウンド」の4部門で計22のグループまたは個人を「優秀賞授賞者」(最優秀賞ノミネート)に選考しました。

これら各部門の優秀賞の中から、CEDEC 2016受講者、講演者およびCEDEC運営委員会の投票により、栄えある各部門の最優秀賞授賞者各1組を決定し、CEDEC 2016会期2日目の8月25日(木)17時50分より、CEDEC 2016会場内で発表・授賞式を行います。
優秀賞授賞者(最優秀賞授賞ノミネート)の詳細およびCEDEC AWARDSの実施概要は、CEDEC 2016公式Webサイトをご覧ください。

【特別賞】
受賞者 襟川陽一氏(えりかわ よういち)
株式会社コーエーテクモホールディングス代表取締役社長
授賞理由 ビデオゲームの黎明期に『川中島の合戦』を生み出し、現在も続く『信長の野望』、『三國志』シリーズなどにより歴史シミュレーションを根付かせた。ゲームプロデューサー「シブサワ・コウ」として今もなお歴史を題材にしたゲームを中心に制作を続ける一方、経営者としてゲーム業界とゲーム学術の発展にも尽力している。

【著述賞】
受賞 『CGWORLD』編集部
発行:株式会社ボーンデジタル
授賞理由 CGWORLDは、コンピュータ・グラフィック(CG)技術を基本から応用まで広く取り扱い、実際の制作現場でのアーティスト、エンジニアへのインタビューシリーズ等多彩な視点による記事で構成され、雑誌メディアとしてプロに限らず幅広い読者へ向けて最新のCG技術を認知、普及させることに、長きに渡り貢献している。

CEDEC AWARDS 2016 優秀賞授賞者(最優秀賞ノミネート)一覧(敬称略)
【エンジニアリング部門】
※昨年までのネットワーク部門はエンジニアリング部門と統合しました。
◆ネットワークゲーム開発の低コスト化を実現/「Photon Realtime」開発チーム(GMOクラウド株式会社)
◆業界全体のグラフィックスの向上に貢献/NVIDIA GameWorks(NVIDIA Corporation)
◆既存ゲームのクラウド配信普及への挑戦/Ubitus GameCloud開発チーム(Ubitus)
Unityにおいてビジュアルノベルゲーム作成の民主化に大きく貢献/時村 良平氏(マッドネスラボ)
◆2Dアニメーションの制作におけるデファクトスタンダード/「OPTPiX SpriteStudio」 開発チーム(Web Technology Corp.)
◆チャットとツールをつなぐことで開発を加速させるChatOps文化の促進/「ChatWork」 開発チーム(ChatWork株式会社)
◆オーサリングツールとして長らく業界に貢献/「Adobe Flash」開発チーム(Adobe)

【ビジュアル・アーツ部門】
◆ゲームをより楽しく演出するイカすビジュアルデザイン/「スプラトゥーン」開発チーム(任天堂株式会社)
◆高速プリレンダリングワークフローが開く新たな境地/「THE GIFT」制作チーム(マーザ・アニメーションプラネット株式会社)
◆3Dゲーム開発民主化の立役者/「Unity Technologies Japan」開発チーム(Unity Technologies Japan)
◆孤高のイラストレーションアニメーション/「オーディンスフィア レイヴスラシル」開発チーム(株式会社アトラス)
◆説得力の在るファンタジーの世界観を再現/「The Witcher 3: Wild Hunt」開発チーム(CD PROJEKT RED)

【ゲームデザイン部門】
◆日本人になじむMOBA・FPSの提案/「スプラトゥーン」開発チーム(任天堂株式会社)
◆虚構の世界に浸るVR/「サマーレッスン」開発チーム(株式会社バンダイナムコエンターテインメント)
◆AIエージェントの未来が見える/女子高生AI「りんな」(日本マイクロソフト株式会社)
◆誰もが楽しめるUGC/「スーパーマリオメーカー」開発チーム(任天堂株式会社)
◆プレイ時にカードとデータを生成する、デジタルカードのリアルアナログカード化/艦これアーケード(「艦これ」運営鎮守府/株式会社セガ・インタラクティブ)

【サウンド部門】
◆独自の音楽制作アプローチに加え、「シオカラーズ」ライブという新しいかたちのメディアミックス展開を実現/「スプラトゥーン」開発チーム(任天堂株式会社)
◆ゲームサウンドのクオリティアップのための積極的な活動実績/祖堅 正慶氏(株式会社スクウェア・エニックス)
◆自然で違和感のないヴァーチャルリアリティサウンドと視覚、触覚との高度なインタラクションの実現/「VR ZONE Project iCan」サウンド開発チーム(株式会社バンダイナムコスタジオ)
◆ミュージック・シーンのみならず、効果音ツールの分野も切り開いたバーチャルシンセ/「Native Instruments Massive」開発チーム(NATIVE INSTRUMENTS)
◆「勇者ヤマダくん」における個性的なトータルサウンドデザイン/杉山 圭一氏(株式会社スタジオカリーブ)

最終更新:7月26日(火)12時22分

ファミ通.com

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。