ここから本文です

【フィリピン】韓国カフェ、地場とフランチャイズ契約

NNA 7月26日(火)8時30分配信

 韓国のカフェチェーン「ハイブランチ」がフィリピンに進出する。地場企業とフランチャイズ契約を結び、初年は25店の開設を目指す。25日付マラヤなどが伝えた。
 ハイブランチを運営するミダンFCが、地場企業フォーエバー・リッチ・フィリピンとマスターフランチャイズ契約を結んだ。ミダンFCのシム・ウー最高経営責任者(CEO)は、「韓国の文化はドラマやファッション、音楽を通じてフィリピンに浸透している。次は食だ」と期待感を示した。
 フォーエバーの経営者スーザン・バーリン氏は、初年に25店を開業し、うち6店を自社で運営する計画を示した。1店舗の面積は平均150平方メートル。店内はヨーロッパ風のインテリアでまとめる予定だ。食材は韓国から冷蔵で輸入し、フィリピンで調理する。
 ハイブランチは、かゆや氷菓、コーヒーなどを提供するカフェで、韓国で250店以上を展開する。ウー氏によると、近く台湾の台北でフランチャイズ展開を開始する。カザフスタン、中国、東南アジア各国への進出も模索しているという。

最終更新:7月26日(火)8時30分

NNA

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。