ここから本文です

メルセデス Eクラスワゴン新型、欧州での受注を開始

レスポンス 7月26日(火)9時45分配信

ドイツの高級車、メルセデスベンツは7月15日、新型『Eクラス エステート』(日本名:『Eクラス ステーションワゴン』)の欧州での受注を開始した。

画像:新型メルセデス Eクラス ステーションワゴン

新型『Eクラス』については、4ドアセダンが1月のデトロイトモーターショー16でワールドプレミア。半年遅れて、ステーションワゴンにも新型が登場した。新型は、6世代目モデル。新型の開発コンセプトは、「メルセデスベンツ史上、最もインテリジェントなワゴン」。「アクティブブレーキアシスト」が標準装備されるほか、完全自動運転実現への次なるステップ、「DRIVE PILOT」も導入された。

後席は40対20対40の3分割可倒式。荷室容量は、後席が通常状態で670リットル。電動スイッチ式の後席を倒せば、最大で1820リットルに拡大する。荷室フロアは、上質な仕上げ。ホイールアーチ間の横幅は、1100mm。トノカバーおよびネットが装備される。後席背もたれの角度を10度起こすことで、荷室容量を30リットル増やせる新機能も採用。

リアには、セルフレベリングエアサスペンションを装着。最大積載量は、最も大容量なグレードで745kg。オプションで、「AIR BODY CONTROL」と呼ばれるエアサスペンションが用意されている。

7月15日、新型Eクラス ステーションワゴンの欧州での受注がスタート。ドイツでのベース価格は、4万8665ユーロ(約568万円)で、先代比で平均1.1%の上昇に抑えられた。納車は今秋から開始される予定。

《レスポンス 森脇稔》

最終更新:7月26日(火)9時45分

レスポンス

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]