ここから本文です

【高校野球】大分 五郎丸流“食っちゃ寝”トレ実った!昼食に白米4合食べて寝る

東スポWeb 7月26日(火)8時24分配信

 第98回全国高校野球選手権・大分大会の決勝が25日に行われ、大分が佐伯鶴城を8―2(延長10回)で破り甲子園切符をつかんだ。

 2年ぶり2度目の夢舞台を決めた4番・山下の一振りは食べて寝る「五郎丸流トレーニング」の成果だった。

 2―2の延長10回、チームが連打でつくった一死一、二塁のチャンスに主砲のバットが火を吹いた。山下がチェンジアップを完璧に捉え、打球は右中間席に一直線。試合を決める3ランとなった。

 これを口火に3点を追加。粘りが持ち味の佐伯鶴城を突き放した。高校通算22本目となった殊勲の一打に山下は「あんまり覚えてないです…。まさか(スタンドに)行くとは思わなかった」と照れくさそうに振り返った。

 そんな主砲の育成にはラグビー日本代表・五郎丸が大きな影響を与えた。松尾監督は「昨年の12月から食トレを始めたんです。五郎丸さんもやったラグビーの日本代表を参考にしました。重要なのが食後の昼寝ということで、練習時間に寝る時間を設けました」と明かした。

 冬の練習では昼食に白米を1人、4合食べることをノルマとし、その後に15~30分寝た。結果、体はみるみる大きくなり、飛距離も伸びたという。ある選手は「最後に、もう一伸びするようになった。練習試合でも本塁打の数が増えてスタメンは全員スタンドまで運べるようになりました」と効果を語った。

 山下は「甲子園でも本塁打を打ちたい。飛ばす自信はあります」と甲子園でのアーチを目標に掲げた。五郎丸流で手にしたパワーを武器に全国制覇を狙う。

最終更新:8月2日(火)14時28分

東スポWeb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]