ここから本文です

男子400Mリレーメダル布陣見えた アンカーはケンブリッジ飛鳥が有力

デイリースポーツ 7月26日(火)6時59分配信

 陸上の五輪日本代表男子短距離陣は25日、山梨県富士吉田市で、五輪に向けた強化合宿を公開。08年北京五輪以来のメダルに挑む400メートルリレーのメンバーは、本番を想定した走る順番でバトンワークを入念に確認した。

 第1走者はスタートに定評がある山県亮太(セイコーホールディングス)、2走は今季200メートル日本歴代2位をマークした飯塚翔太(ミズノ)、3走はエースの桐生祥秀(東洋大)、アンカーは成長著しいケンブリッジ飛鳥(ドーム)で臨むことが有力となった。

 苅部短距離部長が「北京の(銅)メダルメンバーにひけをとらない走力」と話す豪華メンバー。桐生が「バトンもいい感じ。いいところにいけると思う」と話せば、ケンブリッジも「(アンカーは)責任重大ですね」と、表情を引き締めた。

最終更新:7月26日(火)7時20分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]