ここから本文です

妻夫木聡、父娘の絆を体現し感じた家族愛「いつかは子どもを持ちたい」

映画.com 7月26日(火)15時30分配信

 [映画.com ニュース] NHKの夏休みドラマ「キッドナップ・ツアー」の会見が7月26日、東京・渋谷の同局で行われ、主演の妻夫木聡、共演の豊嶋花ちゃん、原作者の角田光代氏、脚本・演出の岸善幸らが出席した。

【フォトギャラリー】妻夫木聡、その他の写真はこちら

 本作は、金も仕事もない男・タカシが、元妻と“ある取引”をするために娘のハルを誘拐したことから始まる奇妙な旅と、父と娘が互いを知り、絆を深めていく姿を描く。

 タカシ役の妻夫木は、父親役の経験はあるものの「本格的にやるのは初めてなので、想像つかない部分もあった」と振り返る。だが、現場では「岸監督に『父親ということを意識せず、このままの状態でお父さんをやるという違和感がいい』とおっしゃっていただけたので、気を使わずすんなり作品に入っていけた。目の前にいる花ちゃんとの関係性を大事にした。距離感は撮影を通じて縮めていった」という。

 その結果、娘との別れが近づく終盤のシーンでは「考えていることを初めてハルにぶつけるというシーンだったので、感情が高ぶってしまった。ただぶつけるというだけなくて、家族をすごく思えた」と明かす。そのうえで「家族愛みたいなものを自分のなかに感じた時に『やっぱりいいな』と。子どもって奇跡じゃないですか。人間と人間が愛し合ってできて生まれるって奇跡。自分だけの子どもだと思うし」と感慨深げに語る。記者から「実際に子どもがほしくなった?」と問われると、「いつかは持ちたいなと思うし、奇跡がめぐってきたらと思う」とほほ笑んだ。

 一方、ハル役の花ちゃんは「お父さん役は個性派俳優さんか芸人さんを想像していたので、妻夫木さんって聞いてびっくりした。素敵すぎるんじゃないかって。実際にお会いしてみても素敵な方」とニッコリ。さらに「撮影が始まると素敵な妻夫木さんが、情けないダサいタカシになったので、やっぱりすごいなあと感動しました」と続けると、妻夫木は「台本でもあるの? 師匠、ありがとうございます」と花ちゃんの顔をのぞき込み、おどけていた。

 本作は妻夫木と花ちゃんのほか、木南晴夏、夏帆、新井浩文、ムロツヨシ、満島ひかり、八千草薫ら豪華な顔ぶれが結集している。共演者との思い出を問われた妻夫木は、タカシの元恋人を演じた満島とのシーンを挙げ「兄弟役ばかりやってきたので、初めて元恋人役をやってよかった。こういう目で僕を見てくれるんだという安心感が(笑)」と述懐した。

 「夏休みドラマ キッドナップ・ツアー」は、総合テレビで8月2日午後7時30分から放送。

最終更新:7月26日(火)15時30分

映画.com

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。