ここから本文です

<WOWOWオリジナルドキュメンタリー>「独立系映画が映す中国~女性監督ホアン・ジーの闘い~」若手監督の闘い

まんたんウェブ 7月26日(火)17時0分配信

 WOWOWは「WOWOWオリジナルドキュメンタリー」枠として、「ノンフィクションW」と「国際共同制作プロジェクト」の2番組を両輪に、国内外のさまざまなテーマを扱ったオリジナルのドキュメンタリー番組を放送している。7月30日午後1時からWOWOWプライムで放送される「ノンフィクションW 独立系映画が映す中国~女性監督ホアン・ジーの闘い~」の番組プロデューサーを務めるWOWOW編成局ロサンゼルス駐在員事務所の須川賢一プロデューサーに、番組の魅力を聞いた。

【写真特集】中国若手女流監督の撮影現場とは?

 --番組の概要と魅力は?

 公開に対し検閲があるなど、映画での自由な表現を規制されている中国では、海外での上映や映画祭の出品を目的に自主制作で映画を作る映像作家たちがいます。そんな独立系映画の世界で活躍する若手女性監督で、世界から注目を集めるホアン・ジーの新作撮影に密着した番組です。

 --今回のテーマを取り上げたきっかけと理由は?

 その巨大な市場から世界の映画産業から注目を集める中国で、今なお“検閲”という制度が存在するという事実に強烈な印象を受けたのと、そんな状況にもかかわらず、自由な表現にこだわり、逆境に立ち向かいながらも映画を撮り続ける映像作家のモチベーションが何なのか知りたかったからです。

 --制作中、一番に心がけたことは?

 他国の国家的な事情を取り扱う内容なので、さまざまなことに対し、いつも以上に慎重に取材を行ってもらいました。

 --番組を作る上でうれしかったこと、逆に大変だったエピソードは?

 事情によりホアン・ジーの新作の撮影期間が何度も延びてしまい、結局企画が通ってから放送まで2年かかってしまったことです。その期間私も異動するなど、予想よりはるかに長くかかわることになりました。延期の話が出る度に、一体いつ番組が完成するのか気が遠くなる思いでした。

 --番組の見どころを教えてください。

 インタビューでホアン・ジーに映画を撮る理由を語ってもらったのですが、彼女の言葉に心を揺さぶられました。つらい事実なのですが、そこから逃げず立ち向かう選択をした彼女の言葉には、信念と覚悟を持つ者の重みがこもっていると思います。

 --視聴者へ一言お願いします。

 国家がシステムとして自由な表現を制限するという現実、そのような状況だからこそより熱く燃える映像作家の魂を、ホアン・ジーから見ることができました。ぜひご覧ください。

 WOWOW 編成局ロサンゼルス駐在員事務所 プロデューサー 須川賢一

最終更新:7月26日(火)17時0分

まんたんウェブ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。