ここから本文です

コナミとFCバルセロナがパートナー契約を締結、『ウイイレ2017』にホームスタジアムなど収録

インサイド 7月26日(火)20時27分配信

コナミデジタルエンタテインメントは、サッカーチーム「FC バルセロナ」と 3年間のプレミアムパートナー契約を締結しました。

【関連画像】

「FCバルセロナ」は 1899年に創設されたスペインの名門サッカーチームです。カタルーニャ州バルセロナをホームタウンとするチームで、「バルサ」の愛称で知られれています。欧州のクラブチーム No,1 を決める大会「UEFA チャンピオンズリーグ」では優勝5回、スペインリーグ優勝24回という実績を誇り、世界中に約14.5万人のソシオ(会員)を持つ世界屈指のサッカーチームとなっています。

今回、コナミと締結されたプレミアムパートナー契約によって、PS4/PS3ソフト『ウイニングイレブン 2017』へ、ホームスタジアム「カンプ・ノウ」の収録や、「FC バルセロナ」の代名詞と言える戦術「ティキ・タカ」の再現、応援歌の「イムノ」の収録が実現。さらに、歴代クラシックユニフォームのデータ配信などが行われる予定となっています。

また、ゲーム内のモデルは「FCバルセロナ」所属選手を3Dフォトスキャンで撮影したものが使用。よりリアルな表情をゲーム内で再現するなど、「FCバルセロナ」ファンにはたまらない仕様となっているとのことです。

『ウイニングイレブン 2017』は9月17日発売予定。 価格は、PS4版が7,600円(税別)、PS3版が6,600円(税別)です。

(C)Konami Digital Entertainment

最終更新:7月26日(火)20時30分

インサイド

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。